Browse Month: 10月 2016

新しい業務のカタチ

例えば、現代であれば特定の事務所を持たずに、仕事を行っている人がおられます。いわゆる『コワーキング』とも呼ばれる働き方です。それによって、より柔軟な業務が可能となっています。また、個人または団体で特定の事務所を設けるのではなく、事務所となるスペースを『レンタル』してくれるサービスを用いて、業務を行っている人もいます。いわゆる『レンタルオフィス』というサービスです。

 

通常特定のオフィスを借りるには、かなりの資金が必要となることがあります。必要な設備も整えなければなりませんし、運用していくための資金も掛かります。しかし、レンタルオフィスを利用することによって、そういった初期投資を可能な限り抑えることができます。設備が最初から最低限整っているサービスもありますので、とても利用しやすいと言えます。これは、個人事業主や小規模の会社経営者、またはクラウドソーシングなどを行っている人にとって、とても有用なものです。

 

それと併せて、『バーチャルオフィス』という、架空上の住所を特定の個人や会社のために提供してくれるサービスがあるのですが、そこで提供されるサービス(プラン)に含まれるのが、『電話代行』なのです。

 

信用度の向上に繋がる

今の時代はインターネット環境が普及したことによって、誰もが自由で、グローバルな働き方ができるようになっています。特定の企業に就かなくても、個人で収益を上げて、それを大きくていく目標を持って、働いておられる方もおられます。その他の方法で、莫大な収益を上げている方もいます。現代は、『働き口を探す』ということは難しい時代ですが、『働き口を開拓する』という点では、とても間口が広がっている時代、と言えるのです。

皆さんも、もしかするとその恩恵にあずかって、自分でも行えることを行ってみたい、と思われるかもしれません。それらにおける業務をより円滑にするためのサービスが、『電話代行』だったり、レンタルオフィスやバーチャルオフィス、その他提供される様々なサービスであるのです。それらを、ぜひ積極的に用いていき、それが時短や、コスト削減につなげていきたいですね。

 

それに加えて、ビジネスでは「信用」というものが何よりも大切なものと言えます。信用が無ければ、仕事も引き受けることも、それによって利益を上げることもできません。人と人とのつながりが大切であるからこそ、私達は『電話代行』などのサービスを用いて、信用度を向上させていくことができます。

電話代行は会社の顔

電話代行というサービスをご存知ですか。電話代行サービスにはいろいろな種類がありますので、ひとつずつご説明します。

 

ひとつ目は、電話番号だけを貸して転送するというサービスです。これは何を意図したサービスで、誰にメリットがあるものかというと、プライバシーを重視する職業や、一等地にあるオフィスだと思わせたい場合などに有効です。固定電話というのは市外局番から住所がだいたいわかってしまいますが、電話番号を借りて、その番号にかかってきた電話を自分のところに転送してもらうようにすれば、本当の電話番号を公表する必要がなくなります。転送サービスも、電話代行サービス業者のスタッフが取り次いで転送するわけではなく、自動転送機能(ボイスワープ)などで行われます。

 

二つ目は、あなたのかわりに電話に出てもらう電話代行サービスです。あなたのオフィスの電話番号にかかってきた通話を、電話代行業者に転送し、電話代行業者が対応します。どのようなメリットがあるのかというと、人数の少ないオフィスや個人事業主の方などで、電話に出られないことが多い場合でも、かかってきた電話を取りこぼさずにすみます。お昼休みの時間帯だけ電話代行サービスを頼むという方法もあります。通常のビジネスにかかわる電話なら、必要ならば時間帯を見計らってかけなおしてくれたり、メールや会社携帯への連絡などの方法もあります。しかし、一般顧客からのクレームや相談などは、電話に出なかったということもマイナス要素になってしまいますから、電話代行サービスを利用することでそのリスクを回避することができます。

 

三つ目は、コールセンターを外注できるサービスのことです。コールセンターをまるごと請け負うサービスもあり、これも電話代行サービスと呼びます。電話受注などを任せることができるサービスです。